卒業旅行で行った沖縄でダイビング初体験

大学の卒業旅行で行った沖縄でダイビングを初体験しました。

場所は那覇からそう遠くない島の沿岸でした。

なんという島だったかは、10年近く前のことなので忘れてしまいましたが。

本島から船で島へ渡り、島についてからダイビングショップでウエットスーツを選んだりダイビングの説明を聞いたりし、そこから沿岸のダイビングスポットに出発するという流れだったと記憶しています。

島へ渡る船で、人生初の船酔いを経験しました。30分くらいしか乗っていなかったのですが、もうダイビングどころじゃないくらいフラフラのオエオエになりまで酔いました。

卒業旅行だったので3月の上旬に行ったのですが、さすが沖縄、気温は20℃近くあり水の中でも寒さはほとんど感じませんでした。

事前に息の仕方や、海底まで降りる手順についてレクチャーを受けてはいたのですが、いざ海に潜るとなるとやはり緊張しました。酸素ボンベが壊れて息ができなくなったらどうしようと、不安をかかえつつもはしごを降りていきます。海底まで降りて、インストラクターの指導の下呼吸を整えると、やっと周囲を見る余裕が出てきました。透明度の高いきれいな海で色とりどりの魚がたくさん泳いでいました。あんなにひどかった船酔いもその光景を前に吹っ飛びました。慣れてくると、白い砂の手触りが心地よく、気持ちよさそうに泳ぐ魚を眺めながら、いつまでもここにいたいなという気持ちになっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です